メンタリストDaiGoはどんな本読んでる?DaiGoさんがおすすめする本を調べました!【心理学】

こんにちは!
以前YoutubeでメンタリストのDaiGoさんの動画をみてすっかりファンになってしまいました。素早く色々なテクニックを教えてくてすごく面白い。(しかも週4回くらい動画投稿!)

なぜ、そんなに多くのテクニックを知っているかというとDaiGoさんは1日に10~20冊、多い時には30冊の本を読む読書好き。一日中読んでいられるそうです。

そんなにたくさんの本を読む人はどんな本を読んでるのか、どんな本をおすすめするのか気になっちゃいますよね。

ということで今回はこちらのDaiGoさんのブロマガからおすすめしている本の情報を取得し、一覧にしてみました! おすすめしている本があまりにも多かったので今回は心理学関連の本を紹介させていただきます。

ちなみに、DaiGoさんが著作、もしくは翻訳した本とDaiGoさんのご友人のかたの本については取り除いています。別途まとめる予定ですのでご了承ください。

影響力の武器

DaiGoさんがおすすめする本の中でもかなりおすすめ度が大きいのがこの本です。影響力の武器シリーズは4冊ほどあり、その全てがおすすめされています。

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果

影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果

  • 作者: スティーブ・J.マーティン,ノア・J.ゴールドスタイン,ロバート・B.チャルディーニ,Steve J. Martin,Noah J. Goldstein,Robert B. Cialdini,安藤清志,曽根寛樹
  • 出版社/メーカー: 誠信書房
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

ポジティブ心理学

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!  「レジリエンス」の鍛え方

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方

GIVE & TAKE

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

あたえる人があたえられる

あたえる人があたえられる

直感の心理学

DaiGoさんの著書「直感力」の多くのヒントはこれらの本から学んだものと思われます。

直観を科学する―その見えざるメカニズム

直観を科学する―その見えざるメカニズム

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

対人関係の心理学

瞬間説得 その気にさせる究極の方法

瞬間説得 その気にさせる究極の方法

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)

コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術

コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術

人をひきつける心―対人魅力の社会心理学 (セレクション社会心理学)

人をひきつける心―対人魅力の社会心理学 (セレクション社会心理学)

敵を味方に変える技術

敵を味方に変える技術

伝えるための心理統計: 効果量・信頼区間・検定力

伝えるための心理統計: 効果量・信頼区間・検定力

選択の心理学

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)

選択日記

選択日記

しぐさ・表情の心理学

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)

頭の中は「しぐさ」で9割わかる! (だいわ文庫)

頭の中は「しぐさ」で9割わかる! (だいわ文庫)

顔は口ほどに嘘をつく

顔は口ほどに嘘をつく

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

卒アル写真で将来はわかる 予知の心理学

サイコパス

DaiGoさんは自身を「サイコパス性が強い」とおっしゃっており、その特性を調べ、生かすために読んでいるそう。

サイコパス 秘められた能力

サイコパス 秘められた能力

サイコパスに学ぶ成功法則

サイコパスに学ぶ成功法則

人ってなんで〇〇なの?

あくびはどうして伝染するのか 人間のおかしな行動を科学する

あくびはどうして伝染するのか 人間のおかしな行動を科学する

なぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメント

なぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメント

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

  • 作者: ピアーズ・スティール,池村千秋
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス

心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス

  • 作者: M.R.バナージ,A.G.グリーンワルド,Mahzarin R. Banaji,Anthony G. Greenwald,北村英哉,小林知博
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

ルシファー・エフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき

ルシファー・エフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する

しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する

知ってるつもり――無知の科学

知ってるつもり――無知の科学

スタンフォードの〇〇シリーズ

スタンフォード大学の健康心理学者ケリー・マクゴニガル先生の著書です。

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

性格の心理学

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型を強みにする

内向型を強みにする

男女や恋愛や性について

エロティック・キャピタル すべてが手に入る自分磨き

エロティック・キャピタル すべてが手に入る自分磨き

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

異性の心を上手に透視する方法

異性の心を上手に透視する方法

恋ごころの科学 (セレクション社会心理学 (12))

恋ごころの科学 (セレクション社会心理学 (12))

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

恋愛依存症 - 苦しい恋から抜け出せない人たち

恋愛依存症 - 苦しい恋から抜け出せない人たち

美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学

美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学

赤を身につけるとなぜもてるのか?

赤を身につけるとなぜもてるのか?

心理学の全体像を学びたい方向け

Mind Hacks ―実験で知る脳と心のシステム

Mind Hacks ―実験で知る脳と心のシステム

Mind パフォーマンス Hacks ―脳と心のユーザーマニュアル

Mind パフォーマンス Hacks ―脳と心のユーザーマニュアル

心理学大図鑑

心理学大図鑑

その他心理学の本

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く

〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)

〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る (ハヤカワ・ノンフィクション)

すべてが最悪の状況に思えるときの心理学―AQ逆境指数

すべてが最悪の状況に思えるときの心理学―AQ逆境指数

ボディマインド・シンフォニー―心身の再統合へ向かう先端医学

ボディマインド・シンフォニー―心身の再統合へ向かう先端医学

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

ネガティブな感情が成功を呼ぶ

シュガーマンのマーケティング30の法則  お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

終わりに

僕も時々は読書をするのですが、DaiGoさんのおすすめする本をみて、知らなくて面白そうな本がまだまだあるんだなーと実感。お金があったら即ポチりたい本ばかりでした!

営業やマーケティングに役立つかも!コントラストの原理って?

こんにちは!
前回に引き続き今回も「影響力の武器」から実践できる効果をご紹介したいと思います!
前回の記事をご覧になってないかたはこちら

slopebook.hatenablog.jp

コントラストの原理って?

コントラストの原理とは、

私たちには、2番目に提示されるものが最初に提示されるものとかなり異なっている場合、それが実際以上に最初のものと異なっていると考えてしまう傾向があるのです。

例えば、

  • 最初に軽いものを持ち上げて次に重いものを持ち上げると、ただ2番目のものを持ち上げた場合よりも重く感じる。
  • 冷水、常温の水、お湯が入った3つのバケツの前に人を座らせ、片手を冷水に、もう片方の手をお湯につけさせる。次に常温の水に両手を同時につけると、冷水につけていた方の手は熱く感じ、お湯につけていた方の手は冷水のように感じられる。

などがコントラストの原理に当たります。 実はこの原理、営業やマーケティング、恋愛などに役立ちます!

値段の高いものからおすすめする

スーツや自動車、パソコンを購入する際、様々なオプションをおすすめされた経験ありませんか?
スーツならば靴やネクタイ、自動車ならカーナビやカーペット、パソコンならマウスや保証、ソフト等をおすすめされるかと思います。
御察しの通り、これらはコントラストの原理が使われており、購入者は実際の金額より安く感じています。

質は先にボロのものを見せてからおすすめを見せる

本の内容から

不動産会社の承諾誘導法について潜入調査した時のこと。私の教育担当者のフィルは新しい客に住宅を見せるとき、必ず魅力のない住宅から始めるのです。このことを尋ねると、次のような説明をしました。それらは彼が「当て馬物件」と呼んでいるものだったのです。その会社はリストにボロ屋を1つか2つ高い価格で載せていました。そうした住宅は、ただ見せるためだけにあります。これと比較すれば、会社の商品目録のなかにある本当の住宅がとても素晴らしいものに見えるからです。

ボロとおすすめ商品とのギャップで美しく見えてしまいますね!紹介する順番が重要です!

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

まるでロボット!?人が自動的に反応してしまうカチッ・サー効果とは

こんにちは!
最近、「影響力の武器」と言う本を読みまして、すごく面白い!と感じたのでその中で出てきた理論を1つずつ紹介したいと思います!

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

カチッ・サー効果とは

心理学者のエレン・ランガーが行った実験では、図書館のコピー機の前にいる人に、コピーを先に取らせてもらうお願いをしたことで確かめました。すると頼み方次第で以下のような変化が現れました。

「すみません、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせていただけませんか?」とお願いすると、譲ってくれた方は60%でした。
しかし、「すみません、5枚だけなのですが、先にコピーをとらせていただけませんか?急いでいるので」とお願いすると、譲ってくれた方は94%にまで増加しました。

お願い + 理由」の効果は絶大ですね!この34%の差は「急いでいるので」と言う言葉があるかないかだと思っちゃいますよね?しかし実験はまだ続きます。
3番目の頼み方は、「すみません、コピーを取らせていただけないでしょうか、コピーをとらなければいけないので」と言う理由になってない理由で頼みました。その結果93%の人が譲ってくれたのでした。

この違いを生んでいるのは「ので」だったのです。ランガーの実験で声をかけられた人は「ので」と言う言葉が発せらせただけで、たとえその前に理由らしい理由が述べられていなくても自動的に頼みを聞いてしまったのです。まさに「カチッ・サー」です。

実生活への活かし方

誰かにお願いを聞いてもらいたい時は理由をつけて「〜ので」と頼むのがいいようですね!

ちなみにこの「カチッ・サー効果」の名前はテープレコーダーのスイッチを「カチッ」と入れると「サー」と回りはじめることから由来がきているようです。

次の記事はこちら

slopebook.hatenablog.jp

銃・病原菌・鉄(上)を読んでみて

こんにちは!さかもとです。
先日、銃・病原菌・鉄(上)を読んでみたのですが、僕にはかなり衝撃的な内容でアウトプットしたくてたまらなくなったのでブログに書きました。
なぜこの本を読む気になったかというと、2chの創設者西村博之さんが昔進めてた本で、その西村博之さんが「お勧めできる本」の定義が以下になるのですが、

  • 今後10年以上も影響を与える技術や文化に関する話

  • 結論に至る経緯と理由に筋が通ってる

  • 資料から組み立てられていて、個人の感想を書いてるわけではない

  • 一般的な”常識”とは違う結論や発見がある

  • 読んでいて面白い

この5つの条件に当てはまる本ってなかなかないんですよね。
自分で1から良い本を探すのもいいのですができるだけ人の手を借りて良い本を探したいと思っている僕です。

どういう本か

さて、この本がどういう本か、ざっくりいうと「欧州が歴史の勝者になったのは、欧州人が遺伝的に優れている訳ではなく、地理的・環境的要因によるものだよ」ということについて書かれてあります。
僕は浅はかなのでプロローグで「環境的要因で今のような世界になったんだよ」と言われて、「環境的要因ってことは偶然鉄の資源が豊富で病原菌に体制がつきやすい土地に生まれたんだ!書籍名ネタバレ過ぎ!」と思ったのですがここからが面白いのですね。
第3章でスペイン人とインカ帝国の話でできます。

西暦約1532年11月16日にスペインの征服者ピサロとインカ皇帝アタワルパがペルー北方で出会う。ピサロは168人のならず者部隊を率いているのに対し、アタワルパは8万の兵士によって守られていた。それにも関わらず、ピサロはアタワルパと目を合わせた本の数分後には彼を捉えていた。

この戦いで勝利した要因は銃器・鉄製の武器、騎馬などに基づく軍事技術、病原菌に対する免疫、航海術、ヨーロッパ国家の集権的な政治機構、そして文字になります。御察しの通りこの戦いの勝利した要因を凝縮したのが本のタイトル「銃・病原菌・鉄」です。
ではなぜ、西暦1500年時点でこういった要因がヨーロッパにはあり、インカ帝国にはなかったか、というところをどんどん深掘りしていくのですね。

結局何が原因だったの?

欧州は農産物や家畜を一番最初に作った場所の一つで、その中でも野生作物の種類が豊富で栄養価も高い場所でした。狩猟採集から徐々に食料生産に移行していき、そのおかげで人口も増え、政治や武器製造など別のことにエネルギーを向けられるようになりました。病原菌に対する免疫は初めて家畜を手に入れてからの長い歴史の中で徐々に免疫が作られていくことになりました。

狩猟採集時代は毎日の食料集めが生活の主だった行動だったため、食料生産型の社会への移行はかなり大きかったようです。

  • 食料生産で一人あたりの生産量がこれまでの狩猟採集生活の採集量よりも大きくなった。狩猟採集生活から食料生産型に移行しながら、食料の保存方法も習得していった。
  • 食料生産がうまくいくと食料生産の仕事をしなくていいい人出て、そのため、別の職業をする人が出る。
    ➡︎人口が増えるに連れ集約型政治機構が機能していき、より生産性の高いことができるようになる。
    ➡︎生産性が上がればその仕事をしなくていい人ができ、別の職業が生まれる。
    というような循環が生まれる。
  • 食料生産がうまくいくと家畜のための食料も余裕ができ、野生動物を家畜化。
  • その家畜と人口集中の影響で感染病が発生し、長い歴史の中で徐々に免疫が作られた。

感想

世界の勝者になるほどの要因の正体がまさかこんなことだとは思いませんでした。偶然欧州にとびきり天才が生まれ人類の技術が目覚ましい発展を遂げたとか、UFOが降りてきて技術を与えたとかそんなガチャ要素ではなく、環境的要因がそうさせただなんて!最初からある程度運命が決まってて、その中では個人の力なんてちっぽけなんだなーと感じました。
まだ銃・病原菌・鉄(上)しか読んでないので次に銃・病原菌・鉄(下)を読みます!また何か驚きがあればこの記事に加筆するなり、新しく記事を作るなりします。

Web初心者が4日間でWebアプリ作ってみた(編集中)

こんにちは、さかもとです。
今回は4日間で簡単なWebアプリを作ってみました。(クオリティは初心者レベルですが)
前回作ったwebとほぼ同じ環境でサクッと作りました。

作ってみたもの

ツイートを一定時間で消すアプリ
こちらのWebアプリでツイッターログインし、時間を指定してツイートすると指定した時間がたったらツイートが消されます。
http://temptweet.site/

なぜ作ったか

開発環境

開発環境はこちらの記事の環境とほぼ同じです。

slopebook.hatenablog.jp

Web初心者が一週間でWebアプリ作ってみた

作ってみたもの

これまでの人生やこれからの目標を一本の木で表現するアプリ
ツイッターでシェアできるはず f:id:slopebook:20180410005533g:plain lifetree.work

経歴

23歳、男、福岡すみ
SIer企業に所属していたが8ヶ月で倒産、以降無職
業務経験は設計のみのコーディング素人
独学でRuby on RailsでのWebアプリ構築学習中

なぜ作ったか

  • これまでの経歴をやんわり記録し、第3者にも簡単にみてもらえるようにしたい。

  • 実際にアプリを作って無職期間に学習したことを示したい。

  • 自信をつけたい。

開発環境

OS

Mac OS X High Sierra(ホストマシン)
Ubuntu 16.04 LTS xenia64 (仮想マシン

プログラミング言語

Ruby
HTML5/CSS3
Javascript

フレームワーク

Rails
Semantic UI
Jquery

その他

Vagrant
Github
Bitbucket
Atom
Twitter API
dotenv
Cyberduck

本番環境

さくらのVPS(Ubuntu 16.04)
Apache2
MySQL
Passenger

学習方法

ドットインストール、Progate、Railsチュートリアル、Qiita、はてなブログに大変お世話になりました。
error文から逃げない(ちゃんと読む)、ググって日本語の情報が出なかったら英語の情報を読みまくる。1時間ほどでわかんなかったらスルーできればスルーする。(メモっとく)

良かったこと

共通鍵暗号方式の使用がスムーズにできた
Twitterログインを実装できた
実際にさくらのVPSを借りてVimでサーバー構築をすることができた
Let's Encryptでhttps化できた
環境変数を使用してパスワード等を記載することができた
GIt、Bitbucketで基本コマンドを使ってバージョンを管理できた(今まで面倒で避けてました。。)
1からデプロイまで一人でできた

課題

サーバーを借りての本番環境構築でファイヤーウォール等の設定があまりわからない
Railsを使っているとSQLの理解が深まっている気がしない
テストがいまいちわからない
グダグダ作ってくとモチベーション保てなそう

これからやりたいこと

LifeTreeに公開、非公開機能と管理者ページを実装したい。
別のWebアプリを作成し始めたので、それを完成させたい。 Ruby on Railsの学習と同時進行でSQL, Javascriptの学習も進めたい。
5月中に内定したい。

Ruby on Railsを学び始めて3ヶ月、今までやったこと

さかもとと申します。以前の記事は全消しし、今回から技術的なことを中心にブログを書いていきたいと思います。

まずは超簡単な自己紹介
  • 男、23歳(2018年3月時点)
  • SES事業、自社サービス事業で活動している会社に就職、入社8ヶ月目で倒産し、無職。

  • 業務ではほぼ設計作業して来なかった為、技術力が低い。

という感じです。 技術力に関しては一様毎日家でPythonを触るようにはしていましたが、アルゴリズム問題の学習やTwitterBot等のツールを作るばかりで、志望しているweb系の技術はあまり触れていませんでした(働きながら学べるであろうと高を括っていましたがあてが外れました、アホですね)。

退職後、このままではやばいと感じRuby on Railsを学び始めました。 一様簡単な掲示板やTwitterみたいなサイトを作れるくらいにまでなりました。

これまでやったこと

  • PythonRuby共にドットインストール、Progate、Paizaでレッスンを受講
    無料のものもあり、わかりやすいので初心者におすすめです。環境構築も勉強してました。

  • Paiza、Atcoder等で問題を解く
    私の場合はプログラミングの基礎の基礎から学ぶことにしました。プログラミングの基礎とは変数、代入、演算、条件分岐、繰り返しを使ったアルゴリズムを考えることだと思い、Paiza, Atcoder等でプログラミング問題を解いていました。人によっては先にWebサイトを作り、後から足りないところを勉強していくのも良いかなと思います。

  • Qiita、はてなブログGithub等でRailsのコードを写経 Webに手を出し始めました。ここからQiitaさん、はてなブログさん、Githubさんにはお世話になりっぱなしですね。離れられる日がいつか来るのだろうか。

という感じで勉強してきました。 今はオリジナルのRailsアプリを作りつつRailsチュートリアルをやってます(今更)。